アメリカ高校野球留学

Pocket

アメリカ高校野球留学にチャレンジしたい皆さま!


留学先は大きく2つあります。アメリカ合衆国とカナダです。どちらの国で活躍をしたいか、自分が活躍できると思うのはどちらにあるかを判断するのはあなた本人です。アメリカと言えば、MLBがあり野球のイメージは強いですが、カナダも同じ野球国であり、MLBのチームもあります!(トロント・カナダ)

どのような学校に留学できるの?


アメリカ高校野球留学

まず、ルールとして留学生がアメリカの公立高校に入学することは認められておりません。簡単に説明をすると、公立高校に入学するには、そこの町・市に住所があり、税金を納めてないといけません。ですので、留学生として入学できる学校は、私立高校のみとなります。

私立高校には、ホームステイをする手段と全寮制の2手段があり、私立高校になると、生徒数も少ないため先生や学校関係者との親近感ができ、また、バディーシステム(学校カンセラーと生徒)などある学校もあります。生徒がしっかり学校のクラスについていけてるか、問題がないか、いじめなどにあってないかをフォローするシステムであり、生徒1人1人を大事にし確実に卒業をすることを目標としております。

高校入学するには、TOEFLやSLEPなどが必要となってきます。(英語のテスト:レベルを確認します)このテストを受けないと入学は出来ません。学校によって求められる点数も違います。留学を希望される場合、英語の勉強、受講などのサポートは、私達の、英語学校でサポート致します。

留学滞在方法

滞在方法は2つあります。ホームステイ寮生活です。


ホームステイ

ホームステイでは、家族の1人として生活ができ、安心した生活を送ることができます。

留学先の学校が準備(提携)するHost Familyが保護者(責任者)となり入学が認められます。留学生活中の、アメリカでの親となりますので、実の両親と同じように尊敬することが大事です。また、アメリカの文化は日本と違いますので、そこを理解してからホームステイを考える必要があります。

Host Familyの役目としては、留学生の責任者、食事の手配、送迎、トラブルなどのサポートなどなどです。Host Parentsには、ミスター(Mr)ミセス(Mrs)を使い、「Yes sir」「Yes mam」も使うといいと思います。

各家族にはルールがありますので、そこもしっかり理解することが求められます。メリットとしては、安心した生活、頼れる相手、また、アメリカ文化(クリスマス、サンクスギビング、独立記念日、BBQなど)を直で体験することができますので、楽しい生活が遅れます。

費用:300万〜450万

*料金は学校によって異なります。料金は1年間に必要な金額で、最低限必要な金額です(野球活動費、生活費、授業料などを含んだ金額です)


寮生活

参考までに・・・

寮生活は、日本で国内高校野球留学をするのと同じで、学校の敷地内にある寮に滞在する状態です。親から離れるのが初めてになると思います、また、地球の反対側になりますので、ものすごく、メンタルも鍛えられ、生活指導もされ、甘えが無い生活となります。自分に対する規則正しい生活が必要となります。

費用:500万〜700万

Click here—–>> カナダ高校野球留学

Line

友だち追加
Ad
2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

選手募集まで

英会話スクール

Comfy English 英会話スクール広島
PAGE TOP